新学習指導要領対応 中学校外国語教材 Bridge
Bridge

目次

1.What a Wonderful Memory! 2.A Birthday Present 3.Join us! 4.What a Great Movie! 5.Online English Lesson 6.American Schools 7.If you had $10,000 8.http://www.magicmedicine 9.Meeting Friends 10.Can you help me? 11.A Time Machine 12.What can we do for the Environment? 13.Super Robots 14.Strange Events around the World 15.Headphones & Hearing Loss 16.Which Way is Best? 17.Help the Store! 18.Cash or Cashless?

登場人物紹介

Mom:ケイスケの母、Dad:ケイスケの父、Miki:ケイスケの妹、Keisuke:中学生、Emily:ケイスケの家にホームステイ中アメリカ出身、Hnoka:ケイスケの友達、Shun:ケイスケの友達、George:Emilyの友達イギリス出身

はじめに

中学生の皆さんへ

令和3年度から,中学校で学習する内容が変わります。今までは高等学校で学習することになっていた,英語の文の形や表現などの内容の一部を,今後は中学校で学習することになります。
これらの新しい内容は,皆さんが今使っている教科書にはのっていません。このため,皆さんが令和3年度からの新しい学習内容に対応できるように,この教材を作成しました。
この教材では,様々な話を読みながら,新しい英語の文の形や表現などについて学ぶことができるようになっています。内容は,部活動,友達との待ち合わせ,携帯電話でのやり取りなど,中学生の皆さんにとって身近な18の話題を集めています。
文を読むだけでなく,読んだ内容について,自分が思ったり考えたりしたことを,クラスで話し合ったり,書いたりすることができるようになっています。授業だけではなく,家庭学習にも使うこともできます。
この教材を通して,皆さんの英語の世界が,いっそう広がっていくことを願っています。

先生方へ

この教材は,令和2年度に中学校第1学年・第2学年に在籍する生徒の皆さんが,令和3年度から始まる新しい中学校学習指導要領(平成29年3月告示)において追加された内容を,移行期間中に学習することができるようにするために作成しています。新しい文法事項を用いて,英語で読んだり書いたり話したりするコミュニケーションを通して理解することができるような構成としています。
新しく追加された内容がどの学年で学習することになるかは,令和3年度以降に各学校で使用する教科書によって異なることになります。各学年の教科書で学習する内容をご確認の上,必要となる部分を,計画的にご活用いただけましたら幸いです。